VIP BENTO コラム 國塩 亜矢子さん 第16回
ごはんにもビールにも合う!美肌作りや疲労回復におススメの常備菜レシピ

蒸し暑い季節がやってきました。こんな時期はビールに合うおかずが恋しくなるもの。そこで今回は、ごはんはもちろんビールにも合うスタミナ常備菜レシピをご紹介します。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもおススメです。

●味噌漬け豚と空芯菜の炒め物

【材料】 1人分
・豚肉こま切れ 100g
・空芯菜 5本
・ごま油 小さじ1/2
-A- (味噌床)
・西京味噌 大さじ1
・本みりん 大さじ1/2
・酒 小さじ1
・塩 ひとつまみ

【下準備】
-A-をよく混ぜ合わせる。食品保存袋に豚肉とよく混ぜた-A-を入れて手で揉み、冷蔵庫でひと晩~数日寝かせる。

【作り方】
1. キッチンペーパーなどで豚肉についた余分な味噌床を拭き取る。
2. 空芯菜はよく洗い約5cm幅に切る。水分はよく切っておく。
3. フライパンにごま油をひき中火で豚肉を炒める。豚肉に火が通ったら空芯菜を加えてさっと混ぜ炒める。

【レシピのポイント】
・空芯菜の水気が残っていると、油ハネの原因や水っぽい仕上がりになってしまうので注意。キッチンペーパーなどで丁寧に水分を拭き取りましょう。
・豚肉はひと晩以上つけて寝かせることで、味が染み込んでよりおいしく、また柔らかく仕上がります。
・余分な味噌床がたくさんついていると焦げやすくなるので注意。塩分も高くなってしまいます。

【保存期間】
冷蔵庫で約3日間保存可能。気温が高い真夏は2日間を目処に。

【インナービューティーポイント】
・豚肉には脂質や糖質の代謝をサポートするビタミンB群や、たんぱく質のもととなる良質たんぱく質が豊富。疲労回復の強い味方です。
・空芯菜にはβカロテン、ビタミンE、ビタミンCが豊富。これらは「抗酸化ビタミン」と呼ばれるアンチエイジング効果が高い栄養素。紫外線ダメージを受けやすい夏のインナーケアにぴったりです。また食物繊維も豊富なので、美腸・美肌作りにもおススメ!

いかがでしたか?味噌味が染み込んだ豚肉は、旨味たっぷりでごはんやビールによく合います。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもおススメです。時間のある日に味噌床に豚肉を漬けておけば忙しい日も焼くだけでラクチン。インナービューティー効果の高い旬の空芯菜と合わせて、おいしく楽しく、身体の中からキレイを磨きましょう!

國塩 亜矢子

インナービューティー研究家・フードコーディネーター
「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ、「正しい食のあり方」×「美」についてのエッセンスを伝えている。出産後は離乳食レシピや妊活・マタニティ・授乳ママレシピの開発にも積極的に取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを幅広く発信中。

所有資格

女子栄養大学認定・食生活指導士1級
日本野菜ソムリエ協会認定・べジフルビューティーアドバイザー
調味料ジュニアマイスター
キッズキッチンインストラクター

著書

「決定版!節約・冷凍レシピ」(宝島社)

オフィシャルブログ

「旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !~!」

オフィシャルサイト

「旬食美人学」